2号 運航方法トップへ

まず法定備品の確認をして下さい
キャビン内に格納してあります

 ↑点検状態
点検内容・・・ ・船舶検査証書
・船舶検査手帳・定員分のライフジャケット
・消火バケツ・黒球・信号紅炎・救命浮環
・フエ・アンカー(アンカーロープ 
 
格納状態↑

ライフジャケットは左舷前のデッキ下格納庫です

   
運転席下の右ハッチ=燃料タンク
  真ん中ハッチ=バッテリー&バッテリースイッチ

オフ状態からーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー⇒オン状態にします



燃料タンクを接続します。
カチッというまでしっかり差し込みます
日によっては接続されている場合がありますが、
確認してください
エア抜きバルブを開けます
チルトスイッチで船外機をチルトダウンします

チルトアップ状態では絶対エンジンを
始動しないでください

チルトアップ

チルトダウン
いよいよエンジン始動です。
キーを右に回せばエンジン始動します

何度も書きますが
チルトアップ状態では絶対エンジンを
始動しないでください

ウオーターポンプが破損し、
オーバーヒートします

エンジン始動後は、バイパスより冷却水が
出ているか目視確認してください。
出ていなかったらその場で
090-3763-7388
に電話ください
スイッチ類の説明
上から順に
1番上のスイッチ=フリー(使っていません)
2番目=全周灯
3番目=両色灯
4番目=キャビンライト
5番目=フリー
6番目=フリー




船検手帳、証書もキャビン内に備えてあります。

魚探を使われる場合は取り説を熟読して、
理解されてから
使ってください

係船ロープを外します。
2号前
2号後ろ
と表記してあります。

ロープは岸壁に置いて出航してください。
格納は逆の手順でお願いします。
燃料タンクを外したら給油して店頭に
お持ちください

尚、走行中まれに流木、クジラ、流れロープ等に
干渉してしまうことがあります。
プロペラが何かに当たったら帰港後、
必ず報告してください


帰港後の船外機のチルトアップの向きは写真のように
ハンドルをめいいっぱい左にまわしてチルトアップします